探せ、本物の育毛薬

髪の毛が抜け始めたら、育毛することが大切です。シャンプー選び、日ごろのストレス解消、これらは抜け毛を予防するためにとても大切ですが、そのほかにも本当に効果があって有名な育毛薬を試してみることをオススメします。

AGA治療薬フィナステリドの育毛薬としての効果

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる5ーα還元酵素を阻害する薬です。
前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬年として開発されましたが、男性型脱毛症においてはDHTが皮脂腺の受容体と結びつき、皮脂を過剰に分泌させ、毛穴をふさいで男性型脱毛症を誘発させますので、DHTの生成を抑えるフィナステリドがAGA
の治療薬として使用されるようになりました。
毛髪は、毛包の毛母細胞より栄養を得て成長し、太く、長い髪の毛に成長し、その後退行期にはいり、さらに髪の毛が抜け落ちて休止期に入ります。しかし、DHTが増えますと、生えて来た髪の毛は、成長期に入ることなく、細く薄い色のままで短く、そのまま退行期から休止期に入ってしまいますので、薄毛が進行するのです。
フィナステリドをしようすることで薄毛の進行が食い止められたと言う人は全体の98%います。
フィナステリドは、発毛剤ではありませんが、成長期から、退行期に髪の毛が移るのを防ぐ効果により本来は育毛薬と考えられています。
治療薬として見た場合、国内臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%の人に効果がでてきています。
さらに育毛薬として見ますと、髪の毛そのものが太く、長くなってきていますし、いままでの育毛薬と違って頭頂部ばかりでなく髪の生え際など、前髪にも効果があります。
開発はアメリカでされましたが、現在世界60カ国で使用が許可され、日本でも2005年よりクリニックでの処方薬として用いられています。
医師の処方が必要ですが、健康保険の対象以外の薬品ですので、薬剤費、診療費、調剤費がたかくなり、また、医療機関により違ってきます。